ガザミ海底どこへ行く

ネコガザミが組み立てたり購入したりしたプラモデルをあれこれ綴ります

1/1000 ガミラス艦セット1 (宇宙戦艦ヤマト2199)

こんにちは、こんばんは
ネコガザミです

1/1000 ガミラス艦セット1 (宇宙戦艦ヤマト2199)

f:id:miniwasabi:20161207042709j:plain


・デストリア級

ガミラス艦」と聞くと真っ先に思い浮かべられる艦と言えば
二つ目玉が特徴で、よく駆逐艦であるクリピテラ級と混同されがちな
「デストリア級航宙巡洋艦」でしょう
見分け方としては、駆逐艦にある前部のミサイル発射装置が無い事と
艦橋部分が「二本ツノ」な所でしょうか

いっぱい出る予定のようなので、予算とにらめっこして
最初はこれ一隻でやめようとか考えていましたが・・・
組み立てているうちにハマってしまい、気が付いたら
量産型をあらかた集めていました・・・
私にガミラス艦の素晴らしさを教えてくれた艦です







<スポンサードリンク>



・ケルカピア級

惑星間の通商の破壊が目的で作られた、足の速い艦です
特徴は4つの目玉です
さらに、魚雷発射管の数がデストリア級の倍あります
惑星間を行き来する船の補足と破壊を目的としていると言う点では
これは妥当な兵装ではないかと思われます

前述したとおり、当初はデストリア一隻だけが目当てでして・・・
ケルカピアは「おまけでついてきた、ラッキー」程度にしか
思っていませんでした
が・・・いざ組み立ててみると、これが組み甲斐のあるキットでして
すっかり魅了されてしまいました


・反射衛星

反射衛星砲・・・ではなく、冥王星の上空を周回している反射衛星が
ついてきました
これは反射板が接着剤で固定されるため、開いている状態か
閉じている状態かを選択しなければなりません
自由に開閉できるギミックだったら良かったのですが
残念です
あと、反射衛星砲が欲しいです



・突起

さて・・・このガミラス艦の特徴と言えば
目玉の他に、船体にくっついている「突起」を挙げられるでしょう
この突起、キットだと接着剤の使用が必要な部位なのです
さすがにこの細かい部位は、カチリとはめ込んで・・・という
構造にする事は出来なかったらしく・・・
私はそれを組み立てて終盤近くで知ったため、
急いで接着剤を買いに走りました

接着剤を買ったら、次はピンセットで丁寧に一本一本
突起を付ける作業です



・量産型

さて、この巡洋艦ですが・・・劇中では艦名が出る事はなく、
撃沈された時も普通に「デストリア、轟沈!」で済まされていました
どういう事なのかと、あちこち探った所・・・
一つの結論が出ていました

それは・・・

「腐るほどある」と、言う事です
それもそうですね
ガミラス帝国は大マゼラン星雲をはじめとした、あらゆる星系に進出している
大規模な国家です
統治するため、そしてガトランティスのような敵に対処するためには
相当な数の戦闘艦が必要になるだろうことは
想像に難くありません

「腐るほどある」いい響きでは無いですか
量産型好きである私の心と購買意欲を、この上なくくすぐってくれます


総評としては、細かい作業が要求される場面があるため、
ある程度の経験を積んでから作成した方が良いキットであると言えます
ですが、ガミラス艦が好きと言う方にはぜひとも入手しておいてほしい
キットであると言えます


ではまた







<スポンサードリンク>